射撃の魅力

男性の中には、ドラマや映画、アニメなどの世界で射撃をしている男たちに憧れを抱いている方がたくさんいます。
自分も銃を持って、それを使ってターゲットを撃って楽しみたいと考えたことのある人は多いでしょう。
実際にけん銃を持つことは許されてはいませんが、スポーツとして射撃を楽しむことは可能です。

スポーツとしての射撃にはライフル射撃とクレー射撃の二種類があります。
どちらも的に向かって射撃をして、楽しむことができます。
射撃をすることは危険だと想像される方がいるかもしれませんが、安全にできるように工夫されています。

たとえば、ライフル射撃の場合は、デジタルライフル銃やビームなどを用いる競技は年齢制限がないため、子供でも始めることができます。
ただし、ライフル銃を所持するためには許可を取る必要があるため注意しましょう。

クレー射撃はオリンピック競技となっており、ドラマや映画などでも取り上げられることが多いためご存知でしょう。
空を飛んでいるクレーに向かって散弾銃を撃つスポーツです。
クレー射撃には細かいルールがあり、スポーツとして成立しています。

こちらのページではクレー射撃について解説をしています。
興味のある方は下記のURLより解説を読んでみてください。
>>クレー射撃・南京亭

射撃に関しては運動神経はあまり関係ないため、お年寄りになっても続けることが可能です。
集中力が要求されて、上手い人と下手な人とでは技術力に大きな差があります。
練習を何度も繰り返していき、自分の技術を高めていく楽しさがあります。

射撃を始めるには

射撃を始めたい方は、いきなり銃を持つのではなくて、最初は光線銃から試してみると良いでしょう。
光線銃であれば、危険性はまったくないため、安全に遊ぶことができます。
国体の正式種目にもなっており、きちんとしたルールがあるため、ビームライフルはかなり奥が深いです。

射撃をする上で大切なことはきちんとルールを守り、安全性を重視することです。
ビームライフルだからといって銃口を人に向けてはいけません。
射撃をする時以外は絶対にトリガーに指をかけてはいけません。

ルールを守れない人は射場から追い出されることになります。
みんながルールを守り、安全に気を使うことによって、射撃という趣味は成立しています。
ルールを守らず、危ない行為をする人がいれば、そこにいる全員が危害を加えられる可能性が生じてしまいます。

射撃競技としては、飛んでいる皿を撃つクレー射撃と、止まっているターゲットを狙う標的射撃の二種類があります。
どちらも独特の楽しさがあるため、挑戦してみましょう。
やっていくうちに、自分にはどちらの方が向いているのかが分かるようになります。

ビームライフルの所持は許可が必要ありませんが、それ以外のものはきちんと許可を受ける必要があります。
ライフル銃や空気銃は公安が指定している射撃場でのみ扱うことができます。
全国各地に射撃場が存在しているため、趣味として挑戦したい方はまずは問い合わせをしてみましょう。