ボルダリングは年齢関係なく楽しめる屋内スポーツ

壁に設置された石を登り、ゴール地点を目指す、ボルダリング。
ボルダリングの大会も頻繁に開かれており、近年、始める方も増えつつある屋内型スポーツとして知られています。

ボルダリングは、ただ壁にある石を掴んで登れば良いというわけではありません。
難易度によって、掴むことが出来る石が決められています。
上るだけが楽しみではなく、どのようなルートで登るか考えることも、ボルダリングの楽しみの一つと言えるでしょう。

ある程度の筋力と体力があれば、初心者向きコースは、難なくクリアが可能です。
ただ、最初のうちは初心者コースを何度かやっただけでも、次の日に筋肉痛が来ますので、ある程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。
慣れてくると体がどんどん引き締まり、その分登る楽しみが増えてきますので、非常にやりがいのある趣味であると言えます。

初心者におすすめなのは、ボルダリング初心者クラスがある場所

ボルダリングをすることが出来る施設は数多くあります。
ですが、場所によっては初心者に向いているコースが設置されておらず、挫折する場合もありますので、施設選びに注意が必要です。

初めての方の場合、ボルダリングに必要なシューズも貸し出してくれる、初心者クラスがある施設を選ぶことをおすすめします。
初心者にインストラクターがレクチャーしてくれるコースがあると、登り方のコツ、基本のルールなども全て教えてもらうことが出来るでしょう。
ケガの無いように安心して登るコツなども教えてもらうことが出来ますので、初心者の方は、無理せずにこうしたクラスから挑戦することが大切です。

慣れてきたら大自然の切り立った崖に挑戦!

ボルダリングはもともと、屋内型スポーツとしてだけではなく、慣れてきたら、自然の崖や岩などを登る方も少なくありません。
おすすめのボルダリングポイントも数多く用意されており、実際に自然と対峙して、その雄大さを実感することがやりがいと感じる方も多いでしょう。

施設とは違い、安全に登ることが出来るポイントや、登る方法などは、その時々で本人が考えなければいけません。
また、施設とは違って、転倒しても大丈夫な転倒防止装置や、ふかふかのマットなども用意されていません。
自分自身である程度の防止装置を持ち込む方もいますが、初心者の方の場合は、慣れるまでは無理せずに、屋内型のボルダリングで経験を積みましょう。

屋内型のボルダリングの、ある程度難易度が高いコースも難なくクリアすることが出来るようになったら、是非とも自然に挑戦したいものです。
ボルダリングポイントまで行く際には、山を登ったりする場合もありますので、周辺環境のチェックも行う必要があるでしょう。